常識のサムネ

キャリア

【自己満の回】意味が分からない日本の常識について考えると面白かった

マスミ
みなさんこんにちわ!IKINARI・ノマドのマスミです!

今回は日本に住んでもうすぐ25年目になる(普通に日本人なだけ)私が、日本の常識に対して疑問意味が分からないところをまとめていければと思います。

もし反論がある方はツイッターからお返事待ってます笑

イケダマスミのツイッターアカウント

なので今回ただ書きたいことを書いてます笑

この記事でスッキリする疑問

  • 電車で電話してはいけない理由は?
  • 正しい日本語って?敬語はなぜ使う?
  • 常識ってそもそも何?必要?

スポンサーリンク

電車で電話してはいけない理由は?

電車

 

常識の代名詞と言いますか、「電車で電話をしてはいけない」というものは子供のころから言われていたよね?

電車の中でも張り紙があった気がします。(すいません電車はしばらく乗ってないのですが、最近はないはずです。)

 

それでこの「電車では電話をしてはいけない」という常識ですが、理由は携帯の電波がペースメーカーに影響を及ぼすからという理由を聞いたことがあります。

ですが、ペースメーカーは回線が2Gの時と3Gの時で影響が下がったこともあり、22cm以上離す→15cm以上離すと安全という風に公式にも意見が変わってきました。

また電車のアナウンスも「優先席付近では電源をお切りください」から「車内では携帯電話はマナーモードに設定の上、通話はご遠慮下さい。また優先席付近では混雑時には電源をお切りください。」というように、変わりながらもペースメーカー等への影響を踏まえて、優先席付近の更に混雑した状況では電源を切るように注意をしています。

 

さて、最初はこのペースメーカー説についてはどうやら全く影響がないというようには研究結果が出ても言えないでしょうが、今のところ完璧に否定することは出来ないようです。

 

最初は否定するつもりで色々調べていましたが、調べてみることで常識だからと思考停止して行動することは避けられそうです。電車で電話をすることはせずに、かつ優先座席の近くにはそもそもいない方が良さそうですね。

ちなみに携帯電話からの電波の影響でペースメーカーが誤作動したという事例はまだ出ていないようなので、いつかまたこう言った常識が技術とともにアップデートされるといいですね。

 

会話の片方だけ聞こえると不快だから、は真っ向から否定します。

電車で電話をしてはいけない理由として、会話の片方だけ聞こえると不快な感情が生まれることが、科学的に証明されているということを意見としてたまに聞きます。

これは意味が分かりません。

じゃあ喫茶店やカフェで電話をしている人にも同じ注意をするのか、信号待ちをしながら電話している人に不快な感情を今まで覚えたことがあるのか。

これについては電車の中で電話をすることはマナー違反という刷り込みが産んだ、負の感情だなという印象です。

 

マスミ
結論電車の中での携帯の利用は、一部ルール違反(優先座席付近)になるが、マナー違反にはならないという認識が最適なんじゃないかなと考えます。

スポンサーリンク

正しい日本語・敬語はなぜ使わないといけない?

言葉

言語に関する常識ですが、正しい日本語や敬語を使わないといけないという認識があると思います。

これについて、義務教育から散々言われていましたが、なぜ使わないといけないかをしっかり論理立てて説明できる人はそもそもいないのではないでしょうか。

正しい日本語って何??

正しい日本語から考えていきたいのですが、そもそも「正しい日本語」という存在時代が矛盾を孕んでいます。

なぜかと言うと言語はその時代時代によってコミュニケーションを円滑にするために、常に変化し続けるものだからです。

 

いくら正しい日本語を使っていると言っても、そもそも伝わらなかったらコミュニケーションを阻害する障壁でしかありません。

「会議が煮詰まってきた」は本来、会議の議題の着地点が見えてきたことを意味するのに、結論が出てこないことだと認識している人も多く、

「役不足」はその人のレベルに対して与えられた役割のレベルが低い状態をさすのに、こちらも逆の意味で捉えられています。

 

では正しい日本語を使うことがあるべき姿なのかというと違いますよね?

もちろん一例を出したに過ぎませんが、そもそも正しい日本語を使えと言っている人もその2〜3世代前の人からすると崩れた日本語を使っているというオチなんです。

 

正しい日本語じゃなく、伝わる日本語を使っていきまっしょい(←正しい日本語使え笑)

敬語はなぜ使う?

今回は年上に対しては敬語を使わないといけない!という風潮にフォーカスして話させてください。

 

敬語は、その場の雰囲気を作るある種の手法ととして用いれますし、距離をおきたい時にも使えます。

正直便利です。特にビジネスなら敬語を使うことで得られるメリットが多い、というか使わないとデメリットばかりです。

 

ですが、敬語は相手を敬っていることを表現するために使うんだ!という主張をしている方がいるとして、

年齢が上だから敬えというのは少し横暴だと思いませんか?

年齢はその人がどれだけ生きたかを知れるとしても、どう生きたかまでは分からないですよね?

20年以上社会問題に対して、解決しようと身を粉にして働いている人と、何も社会にも周囲にも貢献せずにだらだらと40年間以上働いている人のどちらを敬えるかと言えば、断然前者です。

 

マスミ
敬うことのできる人には自然とそれに値する礼儀をはらいたくなるものだと思っています。

スポンサーリンク

常識って必要なの?

常識

結論常識は、なぜその常識が生まれたのかを知ることまで頭が回れば、役に立つと思うのであった方がいいと思います。

ですが、それに縛られると何も行動出来なくなるのも事実なので、一度日本の常識から外れた環境にいると視野も広がりますし価値観も変わって良いのではないでしょうか?

 

単なる観光目的の海外旅行じゃなく、ずっと日本にいると知ることはなかったことを海外で知ろうとすると、人生はより充実します!

マスミ
自分はこのままでいいのかともやもやしている方は是非コロナ開けたら海外出てみましょう!

2021年中には比較的出やすくなっているはず!

まとめ

以上が日本の常識の一部に対する考えのご紹介でした!

当たり前にある常識って普段なんであるんだろうとかあんまり考えないですよね?

これを考えると現状おかしいことが多いことに気づき始めるので、一度思考してみることをおすすめします。

何か意見ありましたら、下記のツイッターまでリプもらえれば返すか分からないですが、確実に見ます!

イケダマスミのツイッターアカウント

最後まで読んでいただきありがとうございました!

-キャリア
-

© 2021 IKINARI・ノマド