メラビアンの法則

キャリア

【就活の嘘】人は見た目と声で9割決まるはメラビアンの法則じゃないです。

マスミ
就活の時にセミナーで人は第一印象で9割決まるって話聞きませんでしたか??
見た目と声が大事だった聞いたことある!
いぬくん

 

マスミ
メラビアンの法則っていう心理学に基づいているって言われていましたが、実はあれは嘘なんです。

 

今回はそのメラビアンの法則が本当はどういうものなのか、実際に使うにはどうしたらいいのかを紹介していきます!

就活で語られるメラビアンの法則

メラビアンの法則って?

就活でよく言われているメラビアンの法則って人が印象で重要視されるのは「見た目:声:話の内容=55%:38%:7%」だから話す内容よりも、第一印象できっちりした格好でハキハキしゃべることで9割以上が決まるっていうことでしたよね??

 

まず心理学を学問として勉強したことがない人は「へぇ〜なるほど〜」って聞いていたかもしれないですね。

でも心理学の実験ってそもそもめちゃくちゃ限定的な状況下で行われるから、前提が重要なんです。

その重要な前提は後述していきます。。。

 

あと、想像して欲しいんですが、見た目や声で就活が9割以上決まるのであれば、美男美女はハキハキしてると面接で落ちる確率は1割だけってことになりません?

だとしたら最終面接だけ重役がやって、他の面接って別にアルバイトにやらせればいいですよね??

 

そこまで企業も馬鹿じゃないことは誰でも理解出来ます、、、

心理学って言葉に踊らされないようにしましょう

メラビアンの法則の本当の内容

メラビアンの法則

メラビアンの法則の本当の内容は下記のようなものでした。

受け取られる情報に矛盾が生じていた場合に視覚情報(55%)>聴覚情報(38%)>言語情報(7%)の順番で優先され

 

・・・意味分からないですよね。笑

まず実験の内容はこんな感じでした。

メラビアンの実験

  1. 「好意」「嫌悪」「中立」をイメージする言葉を3つずつ設定する。(例:「好意」は、“thanks”といったようなもの。)
  2. これら9つの言葉を、「好意」「嫌悪」「中立」の3つのイメージで、それぞれを録音する。
  3. 「好意」「嫌悪」「中立」を表した表情の顔写真を1枚ずつ用意する。
  4. 被験者はそれぞれの表情の写真を見せられながら、ある言葉を、ある声色で聞いて、話者の感情をどう判断したかを調べる。
    (例:怒った顔の写真を見せられ、威圧的な声で好意的な意味の言葉を聞かされた時、被験者が話者の感情を「好意」と判断したら、表情や声色よりも言葉のインパクトが強いと判定する。)

 

でもこの実験したら、そりゃあ見た目や声の情報を重要視しますよね?

怒った表情の人が、威圧的な声で「ありがとう」とか言ってきたらそりゃあ感謝してるとは思いません。

本来実験で確かめたかったのは、「視覚」「聴覚」「言語」で矛盾した情報が与えられたとき、人はどれを優先して受け止め、話者の感情や態度を判断するのかでした。

なのでこの実験の結果で人は見た目と声で9割以上決まるって思うこと自体がどうかしています、、、

 

ちなみにこの誤解は20年以上前から広がっているみたいです。

ネットが当たり前になかった時代だったら仕方ないかなと思うのですが、今の時代にメラビアンの法則をドヤ顔で就活セミナーで言ってる講師がいたらまともじゃないです。

速攻そのセミナーから退出しましょう。。。

なんでメラビアンの法則は普及したの?

メラビアンの法則が間違って普及してしまった理由はビジネスにおける方便として非常に便利だったからです。

 

コミュニケーションは3つの要素で決まる(見た目・声・話す内容)!

その割合は「見た目:声:話の内容=55%:38%:7%」だから9割以上が見た目と声!

だから小綺麗な見た目でハキハキしゃべろう!

 

浪花節で営業していた時代であれば、そういったやり方が出来る人は重宝されていたでしょうから上記のような考えはシンプルで使いやすいでしょう。

時代錯誤感が否めないので、これから就活する人には騙されて欲しくないですね。。。

まとめ

今回は間違われて普及してしまったメラビアンの法則を紹介しました。

 

人は見た目や声で9割以上決まるなんてことないんですから、これを読んでくれた方は騙されないように注意してください。

 

間違って知られている心理学をこれからも正しく発信していきますね!!

最後まで読んでいただいてありがとうございました!

-キャリア
-

© 2021 IKINARI・ノマド