生活

【審査余裕】デポジット型クレカNexus Cardとは?【ネクサスカード】

2021年7月26日

Nexus Card

デポジットを信用情報として作成できるクレジットカードNexus Card(ネクサスカード)の紹介です。

 

なかなかクレジットカードの審査が通らない方も、デポジット型クレジットカードを知っておくと得するかもしれません。

 

結論:作りやすいからといって、悪用は厳禁です。

 

デポジット型クレジットカード Nexus Card(ネクサスカード)


引用元:Nexus Card(ネクサスカード)公式

 

それではデポジット型クレジットカードのNexus Card(ネクサスカード)がどういったものなのか、解説していきます。

 

デポジット型クレジットカードとは?

デポジット

 

デポジット型クレジットカードとは、デポジット(保証金)を預けることで入会しやすくしたショッピング専用のカードです。

 

デポジット(保証金)の額がカードの利用上限額になる新しいタイプのクレジットでプリペイドカードやデビットカードと違い、電気やガスなどの公共料金の支払いにも利用できます。

 

【他のデポジット型カードとの比較】

Nexus Card

Nexus Card

ライフカード

ライフカード

年会費 1,375円 利用限度
10万円以下・・・5,500円
20万円~90万円・・・11,000円
100万円~190万円・・・22,000円
ETCカード なし 作成可能
付帯保険 なし 旅行保険あり

 

ETCカードや旅行保険が必要なければ、よりコストを抑えれるNexus Card(ネクサスカード)がいいでしょう
マスミ

 

審査は甘い?時間は?申し込みの流れ

Nexus_Card_取得

 

審査についてですが、かなり通りやすいです。

 

一応審査資格はこのようになっています

 

審査資格

  • 満18歳以上の方(高校生不可)
    ※未成年は、親権者の了解が必要
  • 安定した収入がある方

 

『安定した収入』と言っても、家族に安定した収入があれば審査に通過する可能性がありますね。

 

また筆者の友人も、過去に何度かクレジットを滞納したことがあっても、審査に通っていました。

 

デポジット(保証金)の額までしか利用できないため、クレジット会社にとってリスクがほとんどないためでしょうか。
SNSでも作っている人はちゃんといますね。

 

 

また申し込みの流れは下記のようになっています。

 

申し込みの流れ

申し込み→審査・カード発行→カード受け取り→デポジット支払い→カード利用

※デポジット(保証金)は信頼を補完するための担保として預かるお金で、支払いには利用できません。

 

デポジットは解約時に返ってきます。
マスミ

 

ちなみに審査にかかる時間は即日〜数営業日ほど。
審査完了から約2週間ほどでカードが届きます。

 

まとめ

  • 審査難易度はかなり低く
  • 申し込みはデポジット支払いが通常のクレジットに追加され
  • 審査はほぼ即日、約2週間以内にカードが届くでしょう

 

Nexus Card(ネクサスカード)の支払いやポイントなど

Nexus_Card_比較

 

国際ブランドはマスターカードでデザインは黒と白の2種類が選べます
マスミ

 

利用限度額

利用限度額は 5万円〜200万円
(5万円〜30万円までは5万円刻み・50万円〜10万円刻みで最高200万円)

申し込み時に限度額を設定し、カード受け取り後にデポジットとしてカード会社に支払います。

 

支払い方法

1回払い・2回払い・分割払い・リボ払い・ボーナス一括払い
※キャッシング機能はないので注意

 

ポイントサービス

200円の利用につき1ポイントNexusポイントが貯まります。
ポイントは500ポイントからAmazonギフト券、App Store & iTunesコードなどのギフト券に交換可能。

無料のWeb会員サービスもあるので、利用明細の確認やポイントの交換がそこで出来ます。
※Web明細サービスを登録した場合紙での明細書の郵送はありません。

 

\申し込みはコチラ/

Nexus Card申し込み専用サイトへ

デポジット型クレカだから審査も安心♪

 

Nexus Card(ネクサスカード)のメリット・デメリット

メリット_デメリット

 

Nexus Card(ネクサスカード)のメリット

 

①審査が通りやすい

通常のクレジットカードでは「信用情報機関」(CIC・JICCなど)に記録されている過去のクレジットカードやローンの利用履歴を参照されるため、延滞などが記録されていた場合に不利に働き審査が通過しづらいです。

 

ですがデポジット型カードでは最初に預けるデポジットが申込者の信用の表明になるので、信用度が確定され審査に不安がある方でも通過しやすくなります。

 

しかも毎月の利用分をキチンと支払っていれば、支払い実績(クレジットヒストリー)を積めるので、他のクレジットカードの審査通過にも有利に働きます。

 

②使いすぎの心配がない

デポジットがカードの利用可能上限額なので、うっかり使いすぎて来月の請求額が予想を超えることはありません。

 

③キャッシングの案内がない

キャッシング機能がないため、煩わしいキャッシングの案内がありません。

 

Nexus Card(ネクサスカード)のデメリット

 

①発行手数料・年会費がかかる

通常は発行手数料がかかるのは追加カードとしてETCや電子マネーで専用カードを作る時くらいですが、550円かかってしまいます。

 

また年会費が毎年1375円かかり、年間いくら以上使えば翌年度は無料という条件もありません。

 

②各種付帯保険がない

旅行保険やショッピング保険などの付帯保険はついてません。

 

また特定の店舗でのポイントアップや割引のような優待制度もないですが、普段使いなら特に問題ないでしょう。

 

③カード到着後3週間以内にデポジットの必要あり

Nexus Cardは到着後3週間以内にデポジットを入れなければなりません。

 

もし入れなかった場合は、最悪強制解約の可能性があります。
強制解約となると、信用情報に傷がつく恐れも。

 

とはいえ、カードと一緒に利用の手引が入っており、指定口座も明記されているので迷うこともないでしょう。

 

カードが届いたら、なるはやでデポジットを入れておくと安心ですね。

 

おすすめの方

 

こんな方におすすめ

  • カードの審査が不安、昔嫌な思いをした
  • クレジットカードの使いすぎが心配
  • 自分で利用限度額を決めたい
  • キャッシングの案内をしてほしくない
  • フリーランス、個人事業主なので、経費支払をカード決済にしたい

 

まとめ:Nexus Card(ネクサスカード)は悪用厳禁

過去にクレジットの滞納があったりと、クレジットを作りづらかった人にとても便利なNexus Card(ネクサスカード)。

 

使いすぎることもなく、普段のショッピングや公共料金の支払いに便利なので、もし審査に不安がある人にはおすすめです。

 

ですが作りやすいからといって、悪用は厳禁ですよ。

 

\申し込みはコチラ/

Nexus Card申し込み専用サイトへ

デポジット型クレカだから審査も安心♪

 

  • この記事を書いた人

イケダマスミ

HSS型HSPです。手取り17万の時代に、副業で年間100万円貯金出来ました。HSS型HSPや副業について執筆しています。役立つWebサービスやアプリなどが大好き。|HSS型HSP/アラサー海外ノマドワーカー/現在ジョージアに滞在中

-生活
-

© 2022 IKINARI・ノマド