IT Webサービス

【使ってみた】モノオクのデメリットまとめ5選【体験談あり】

2021年9月27日

【使ってみた】モノオクのデメリットまとめ5選【体験談あり】

 

モノオクを使って、安く荷物を預けたいんだけどデメリットとかないかな?使う前に一応知りたい。
悩んでいる人

 

こういった疑問に答えます。

 

本記事の内容
  • モノオクのデメリット5選
  • 【失敗しない】モノオクのデメリット回避方法
  • 事故などで預けた荷物が壊れた場合はどうなる?
  • モノオクを使ってみた人の体験談
本記事を書いた人
イケダマスミ

 

実はモノオクで、スペースを貸すホストを1年ほどやっていました。
ですが、その前にスペースを借りて荷物を預ける方の気持ちも知りたかったので、実際に使ってみたりもしてます。

 

そのため、モノオクで「荷物を預ける側のデメリット」も「預かる側のデメリット」も熟知しています。

 

それでは早速モノオクのデメリットを5つピックアップしたので解説していきます。

 

結論:モノオクのデメリットは回避出来るし、価格のメリットが大きい。

モノオクユーザー数

モノオクのデメリット5選

モノオクのデメリット5選

 

モノオクでは、スペースを貸し出す人を「ホスト」と呼びます。この記事でも「ホスト」と書きますのでご理解ください。

 

モノオクで荷物を預けるデメリット
  • 荷物を預ける相手が企業ではなく、個人なので信用が低い
  • 荷物を取り出すタイミングが交渉次第になる
  • いいスペースはすぐ埋まってしまう
  • 手数料など最終的にかかる費用が分かりにくい
  • 対面で荷物を預けにいくのは、ちょっと怖い

 

それではこれらのデメリットとその回避方法を解説していきます。

 

荷物を預ける相手が企業ではなく、個人なので信用が低い

 

荷物を預ける相手が企業さんではなく、個人というのはやはり信用が劣りデメリットと言えます。

 

「ちゃんと保管してくれるかな?」
「変な人だったら嫌だな」
「なんとなく不安」

 

と感じる人も多いはず。

 

そんな時はホスト(相手)のプロフィールをチェックしましょう。

 

あとはホストには直接メッセージもモノオク上で送れるので、気になっていることは先に聞いておくと安心。

 

女性の方だと、男性に預けるのはちょっと不安と感じると思います。
その時は、ホストの性別を先に聞いておきましょう。

 

相手も嘘をついて取引すると、後にモノオクからペナルティを課せられてスペース掲載が出来なくなるので、きちんと答えてくれます。

 

デメリット回避方法
  • ホストのプロフィールをチェック
  • 気になることは、メッセージで先に聞いておきましょう

プロフィール確認やメッセージの方法はこちらをタップ

①プロフィール確認:気になるスペースの「スペース概要」の上にある名前をタップ

プロフィール確認

するとプロフィールが確認出来ます

プロフィール確認

②メッセージ送信方法:気になるスペースで「リクエストを作成する」を選択

メッセージ送信

備考の部分にメッセージを記入して、その他情報を入力、リクエストを送信しましょう。

※リクエスト送信時点では、契約成立はしません。ここからメッセージのやりとり→見積書発行を経て契約が成立します。

メッセージ送信

 

荷物を取り出すタイミングが交渉次第になる

荷物を取り出すタイミングが交渉次第になる

 

モノオクでは、荷物の取り出しのタイミングはホストとの交渉次第。
これもデメリットになります。

 

ですが、交渉さえ出来れば取り出し手数料などは発生しないため、普通のトランクルームより価格でみるとメリットになるでしょう。

 

契約時に、「週末だけ取り出したい」など交渉しておくことでスムーズに取り出せるのでオススメです。

 

デメリット回避方法
  • 契約時に、取り出したいタイミングを伝えておく

 

いいスペースはすぐ埋まってしまう

 

人気のスペースは、見つけ次第すぐにメッセージを送らないと埋まってしまいます。

 

私がホストとしてスペースを貸していた時も、メッセージは毎月絶え間なく来ていました。

 

いいスペースを見つけたら、すぐにメッセージを送りましょう。

 

デメリット回避方法
  • 使いたいスペースを見つけたらすぐメッセージ!

 

手数料など最終的にかかる費用が分かりにくい

手数料など最終的にかかる費用が分かりにくい

 

結局いくらかかるのか、書かれていない手数料などはないのか不安になりますよね。

 

結論:スペース料金の10%の手数料がかかります。その他初期費用などはありません。
(※宅配業者などを個別で手配したい場合、その費用はホストと相談です。)

 

例えばスペース利用料金が3,000円で1ヶ月使いたいなら、合計3,300円かかることになりますね。

 

参考(例)
スペース料金1畳分/月 手数料(10%)も含めた合計金額/月
3,000円 3,300円
5,000円 5,500円
6,000円 6,600円

 

ちなみに10日だけ借りたい場合などは、ホストにリクエストしたら対応してくれます。
見積書を発行してくれるので、それを参考に判断しましょう。

 

デメリット回避方法
  • スペース利用金額に手数料10%を載せた金額を計算する(これがかかる費用の全てです)

 

追記:他トランクルームとの比較

一般的なトランクルームと料金比較してみたらこんな感じでした。
参考までにどうぞ。

 

モノオク トランクルームA社 トランクルームB社
1畳あたりの料金(大阪の場合) 3,300円〜/月 11,000円〜/月 7,700円〜/月
初期費用 無料 16,500円〜 22,100円〜
取り出し手数料 無料
(ただしタイミングはホストと相談)
880~11,000円(大きさによる) 1,100~8,800円(大きさによる)

 

これだけで、人によってはデメリットが気にならなくなりますね。

 

対面で荷物を預けにいくのは、ちょっと怖い

対面で荷物を預けにいくのは、ちょっと怖い

 

コロナもあって、対面で直接荷物を預けにいくのはちょっと怖いですよね。

 

その時はヤマトを使って、荷物を配送することが出来ます。

 

費用はホストと相談することも出来ますし、預ける期間が終了したらまた宅配で送って貰えばとても楽です。

 

契約が成立したら、住所が開示されるので、そこ宛に荷物を送ればOK。

 

デメリット回避方法
  • ヤマトを使って、配送員を経由して荷物の受け渡しをしよう

 

事故などで預けた荷物が壊れた場合はどうなる?

トラブル保証内容

 

預けた荷物が壊されないか心配。
悩んでいる人

 

例えば、楽器など安くないものを預けた場合には、壊れないか心配ですよね。

 

何事もないのが一番ですが、もし壊れたりした場合は全ての取引に補償サービスがついているので、それが適応されます。

 

ですが、この補償の上限は10万円までなので、それ以上の金額のものを預けるのは控えましょう。
その他何かトラブルが起きた場合は、公式のチャットサポートで連絡すると対応してくれるので便利です。

 

モノオクチャットサポート営業時間
  • 平日10時〜18時
  • 営業時間外の問い合わせは翌営業日に対応(※緊急性を要すると判断された問い合わせに関しては対応してもらえることがあります。)

 

モノオクを使ってみた人の体験談

モノオクを使ってみた人の体験談

 

お詫び

モノオクでのヤバかった体験談を3日くらい探しましたが見つかりませんでした。

 

私自身もモノオクで荷物を預けてトラブルは起きなかったので、かなりのレアケースだと思います。

 

ホストとして運営した時は、ちょっと変わった人に対応することはありましたが、それくらいでした。
»参考:モノオクで起きたトラブル3選【評判確かめるべく部屋貸してみた】

 

やばいホストは運営に通報されて、即スペース掲載取り消しになることもあります。
マスミ

 

あと、実際にモノオクでスペースを貸していた私の肌感ですが、預かる人より預ける人の方が問題あることが多い気が・・・

 

ツイッターで見つけた、モノオクを使ってみた人の意見を見ていきましょう。

 

 

値段やプライバシーに関しては問題なし。
相手のことをよく知るために、プロフィール確認やメッセージはしっかりしておく必要がありますね。

 

 

事務所ということは、会社の荷物を預けているということですね。
会社のスペースを空けたい時に使うのもアリです。

 

 

やっぱり値段でモノオク使おうと決める人が多いですね。1ヶ月ではなく、「10日だけ」などホストと交渉して決められるので柔軟に対応できます。

 

追記:他に荷物を安く預けられるサービスはないのか?

他に荷物を安く預けられるサービスはないのか、一応調べてみました。

 

スーツケース一つくらいの荷物で、短期間ならecbo cloak(エクボクローク)というサービスの方が安かったです。
ですがスーツケース1日800円とかなので、1週間以上とかならモノオクの方が安いですね。

 

  • モノオク:個人相手に預けるデメリットはあるものの、安く長期で荷物を預けれる。
  • ecbo cloak(エクボクローク):カフェやゲストハウスなどが荷物を預かってくれる。1日だけなどの短期旅行者向け。

 

まとめ:デメリットはあるが、回避出来る。他と比較して価格のメリットがかなり大きい。

 

色々とモノオクのデメリットは挙げましたが、回避できますし、圧倒的に他のトランクルームと比較して価格のメリットが大きいですね。

 

荷物破損時の補償金額10万円を超えるような場合は、モノオクをオススメしませんが、安くスペースを借りたい人にはモノオクありです。

 

ちなみにこんな感じの場所が貸し出されています

モノオク_貸しスペース1
参照元:モノオク

 

最後にモノオクで荷物を預ける手順を解説します。
といっても、、、めっちゃ簡単です。

 

モノオクで荷物を預ける手順
  • モノオク公式サイトから新規登録を選択
  • メールアドレスなどアカウント情報を入力して登録完了
  • 気になるスペースのホストにメッセージを送り、見積もりを出してもらって契約
  • あとは直接または宅配で荷物を預けるでOKです

 

たったこれだけ。
3分で登録できますし、登録費とか年会費は一切かかりません。

 

モノオクに登録する方法

モノオク公式サイト

 

モノオク公式サイトにアクセスしてから、右上の新規登録をクリックします。

 

メールアドレス・電話番号だけ用意しましょう。

 

モノオク_新規登録

モノオク_新規登録

 

入力する画面は上記のところだけです。(用途は「荷物を預ける」を選択しましょう)
登録出来たら、気になるスペースを検索して、ホストに借りたいスペースの広さや期間をメッセージで伝えましょう。
ホストから返信が来るので、あとはやりとりして内容がOKなら契約成立です。荷物は直接or宅配で送りましょう。

 

【アクセストレード独占】モノオク

»モノオクでお得に荷物を預けてみる

 

というわけで、今回は以上です。
安く荷物を預けたいなら、モノオクはトランクルームよりも安いので是非お試しを!

 

  • この記事を書いた人

イケダマスミ

HSS型HSPです。手取り17万の時代に、副業で年間100万円貯金出来ました。HSS型HSPや副業について執筆しています。役立つWebサービスやアプリなどが大好き。|D2C事業でマーケ・Web関連(コーディングなど)を担当»10種類以上の副業経験を基にメディア運営/HSS型HSP/アラサーノマドワーカー

-IT, Webサービス
-, ,

© 2022 IKINARI・ノマド